注意すること

治療後

肌トラブルには様々な態様のものがあります。
たとえば、加齢が原因で生じている皮膚のたるみやシワで悩んでいる人もいれば、大きなホクロやイボが悩みの種になっている人、ニキビで悩んでいる人、生まれつき顔にあるあざで悩んでいる人など、人によって抱えている悩みが異なります。
ニキビ程度であれば、念入りなスキンケアで症状を改善することができる可能性がありますが、ホクロやイボ、あざなどを自分で治すことはまず不可能です。
そんな時に頼りにすることができるのは、美容外科や美容皮膚科などの専門治療機関です。
クリニックでは、肌トラブルの種類に合わせて様々な治療方法を用意していますので、自分が悩んでいる症状を改善するために最適な方法を選んで利用することができます。

美容外科分野の治療方法が、近年大きく変化してきています。
一言で言うと、痛みが少なく、患者の身体にかかる負担の少ない方法が主流になってきています。
現実的なことを考えると、治さないと生活に支障が出るような疾患を治療するわけではありませんから、つらい痛みを我慢してまで治したくはないと考える人がほとんどです。
また、見た目をキレイにする治療のために、深刻な副作用に悩まされてしまうようなことがあっては意味がありません。
ですので、しごく当然の時代の要請だと考えることができます。
たとえばあざを治す場合でも、一昔前のように皮膚移植や冷凍療法が採用されるケースはほとんどなくなりました。
現在では、痛みがほとんどない医療レーザーを用いた治療が行われるのが一般的になっています。